武蔵野市で 太陽光発電を導入してる人の状況です

この人は、武蔵野市で太陽光発電システムを導入するのに、1ヶ月ほど悩んで設置したそうです。
じっくりと設備の選択をして選び出したので、失敗がなく、今は快適な生活を送ってるといいます。
そして、補助金も受給出来たそうで、導入費用は非常に助かったという事でした。
設置してからは発電量を毎日チェックして、発電量がピークになる11時ごろ~12時までは、ノートへ記録もつけてるという事です。
記録を取るといろいろな事が判って来るので、ありがたいという事でした。
発電量は日によって変わり、天気が良い日は3,000kWを越える日もあるといいます。
そんな日は家族で喜び合い、もっと節電をと楽しく話し合ってるそうです。
それから、5月ごろは毎日のように2,600kWを発電するというので、非常に楽しみがあるそうです。
また、冬場でもピーク時は2,000~2,200kWの発電量があるというので、10年もかからずに初期費用を回収出来るのではないかという事でした。