江戸川区で太陽光発電を 導入する場合です

江戸川区は、東京都内でも5番目に人工が多い地区でして、全国的に観ても25位へランクされるほどの地域です。
都内では出生率も高くて、その為平均年齢が一番若い地区でもあります。
そして、区民1人あたりの公園面積で観た場合は、23区内でもっとも広くて環境が良いので、住み易い街となってるようです。
それに、葛飾区・足立区と合同のメトロセブン構想が進行しつつあり、この先は交通の便も良くなることでしょう。
さて、江戸川区の太陽光発電への助成金ですが、現在は行われてません。
しかし、東京都からの助成金が出るので、トータルすると全国的に観た場合、かなり有利となってます。
ですから、3,5kWの設備を導入した場合、518,000円くらいの助成金を受けられるんです。
それから、助成金が出ない代わりという訳でしょうが、市では住宅リフォームへの融資・斡旋を執り行ってます。
また、耐震補強・高効率給湯器・住宅用太陽光エネルギー利用機器などの導入へも、金利が1,5%で借りられて、超過分は市が負担するという事でした。