江東区での太陽光発電導入政策

最近、温室効果ガスの排出による地球温暖化が問題となっています。
そこで、江東区では、地球温暖化防止設備を導入する人に対して助成制度を設けています。
地球温暖化防止設備としては、家庭用燃料電池装置や太陽熱温水器、太陽光発電システムなどが挙げられます。
太陽光は再生可能でクリーンなエネルギーであることから、その利用が国レベルで求められています。
特に、太陽光発電は、建物の屋上や土地に太陽光発電モジュールを設置することで、そこに太陽光をあて電力を発生させるので、環境に優しいと注目されています。
ただ、その設置には費用がかかるため、江東区のように助成金を設けて住民のモジュール設置費用負担を軽減させる自治体が増えています。
太陽光発電は、その発生した電力を貯めておくことができるので、夜間に電力を使用したり停電時に電力を使用したりできるというメリットがあります。
また、余分に発生した電力は電力が嫌に売却できるため、収入源にもなります。
このようにメリットがたくさんある太陽光発電なので、江東区ではさらに普及していくものと思われます。