江東区ではシステムを導入すると補助金が出ます

江東区が推し進めてるのは、地球温暖化防止設備導入助成事業で、個人や住宅向けの補助制度となってます。
ですから、太陽光発電だけに限らず、ソーラーシステム・太陽熱温水器・CO2冷媒ヒートポンプ給湯器・ガス発電機給湯器・家庭用燃料電池装置・高反射率塗装も含まれるんです。
2012年12月17日の調査では、助成内容に一部の変更があるそうで、自治体で確認しなければなりません。
そして、申請が増加傾向にあるので、早目に申請した方が良いという事でした。
完了報告書は、平成25年3月15日までに提出しないと、助成金の交付が出来なくなるという事です。
それから、太陽光発電システムなどを導入して申請する場合、代理が申し込むのであれば、委任状が必要になってます。
この書類は、インターネットでダウンロード出来ますから、自分で用意しなくても良いんです。
尚、太陽光発電システムの補助金額は、太陽電池モジュールの公称最大出力の合算値が、1kWあたり5万円となっていて、上限が20万円です。