府中市で太陽光発電をするなら向いている屋根は

今まで府中市のイメージは府中の刑務所のイメージくらいしかありませんでした。
今度できる新しい素敵なマンションの内覧に行ったのですが、
それで周辺の地域を歩いてみたのですが素敵なところで驚きました。
インターネットで調べてみたら住み続けたい町ナンバー1なんだそうです。
公園も多くて公共サービスも充実していて本当に住みやすそうでした。
府中市ならマンションよりも一戸建てで暮らしたいです。
いま新築の家の80%以上が太陽光発電を選択するといいます。
新築の家なら太陽光発電がしやすいように屋根をデザインすることもできますが、
中古住宅ではそうはいかないでしょう。
もし、中古住宅で太陽光発電を導入したいと思ったなら、
どんな屋根が太陽光発電に向いているのでしょう。
よく言われる太陽光発電に向いている屋根の条件は3つです。
それは、南向きで面積も広く日当たりの良い屋根です。
その逆に北向きで面せくも狭小で日当たりが悪い屋根は、
太陽光発電をするには向いていません。
もっとも、極端に条件が悪くない限り、
東西に向いている屋根や狭い屋根でもそれなりに発電するそうです。
それに今は狭い屋根にもマッチした、
発電効率の良い太陽光パネルが登場しています。
平らな陸屋根も向かないといいますが、
工法などを工夫すればしっかり発電するそうなので心配することはありません。
瓦屋根や金属屋根でも専門の工法で施工することができます。
つまり、かなり変わった極端に条件の悪い屋根以外、
意外と太陽光発電で発電することはできるようです。