中野区で始める太陽光発電は

太陽の光で電気を作り、それで家中の灯りや家電製品を動かすことができたら、どんなに気分的に負担が減るだろうかと思います。
また、二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーを使っているということも、エコに関心を持っている人にとっては、たまらない魅力だろうと思われます。
さらに、もしも地震や災害で電気がストップしてしまっても、晴れてさえくれれば、自宅で作った電気によって、灯りが消えてしまった街にも灯りをともすことができます。
もしも電気によって充電できる自家用車を持っているなら、ガソリンスタンドに行くことなく車を動かすことだってできます。
こうした自宅で電気を作るという発想は、東日本大震災以降、多くの人が考えたことと思います。
一つ一つの家庭で作れる電気の量はさほど多くはないかもしれませんが、すべての家で作ることができれば、電力会社は有事の際、どれほど安心できるかしれません。
東京都は日本の首都ということもあって、太陽光発電の設置に前向きで、かなり高額の補助金を出しています。
さらには国も補助金を出す制度を確立しているので、これで二つの補助金を受け取ることができます。
さらには地方自治体でも独自に補助金を出す制度を設定しているので、場所によっては3つの補助金を受け取れることになります。
もしも3つの補助金が出るところに住んでいる人なら、太陽光発電を始めるのに大きな後押しとなることは間違いないでしょう。
東京都は比較的、地方自治体も補助金が出るようになっていますが、中野区ではまだ制定されていません。
いつか中野区においても補助金が出るようになるとは思いますが、こればかりは懐事情もあって、推測の域を出ません。
首都機能を受け持つ東京においては、電力の確保はまさに命綱です。
中野区でも盛んに太陽光発電を取り入れ、電気が不足することにならない街になれば、東京都としても安心でしょう。
その意味でも、中野区で補助金が受けられる日が待たれます。