屋根の方角から見る東京の太陽光発電

東京で太陽光発電を行っていこういと思っている方についてなのですが、
太陽光発電は屋根のどの場所に載せても同じように発電していく、
ということを思っている方も多いのではないでしょうか。
それは大きな間違いですので、しっかりと気をつけていかなければいけません。
具体的に申しますと、
屋根の方向によりまして全く発電量が違ってきてしまうこともあるのです。
方角につきましては、しっかりと考えたうえで、
太陽光発電を設置していかれると良いのではないでしょうか。
その屋根の方角から見る東京の太陽光発電についてなのですが、
どちらの方角が最もいいのかを考えてみましょう。
それは間違いなく南側です。
南側はしっかりとした発電ができる場所になっています。
ずっと太陽が当たっているような形になりますので、
最も効率的な太陽光発電が行っていけるというわけなのです。
また他の方角につきましても、見ていきましょう。
気になるのが西や東でしょう。
東は午前中に強く、西は午後に強いという特徴があるのです。
その西や東というものなのですが、
やはり南に比べましては発電量が落ち込んでしまうというものになっています。
どれほど減耗してしまっているのかと申しますと、約85パーセントほどになります。
南を100パーセントとしますと、そのような感じになってしまうのです。
15パーセント減です。
ですので、出来れば南向きにした方がよろしいということが、
よくわかるのではないでしょうか。