デメリットで知る太陽光発電とは

便利な太陽光発電も、万全ではありません。
そのため、残念な部分を知っておくことで、自分たちで納得できる活用方法を適切に把握することができますので、大変魅力的であるといえます。
そのため、デメリット情報を適切に考えておくことこそ、重要な意見です。

・悪徳業者がいる
悪辣な業者によって取り付けられた場合業者によって生じる施工ミスによって、雨漏りや屋根の破損というトラブルが消費者センターに寄せられつつあります。
業者によっては一般市場では普通に購入できるものを暴利で購入させようとしたり、施工工事のときに屋根の補修費用などの修繕に一切応じずに姿をくらませてしまう施工会社もあります。
信頼性の高い業者に相談するために、口コミサイトを確認してから判断することが大切です。

・屋根が壊れる
一般的に屋根の上に乗せるソーラーパネルの重さは数百kgで、現在の老朽状態や屋根の素材によっては、大掛かりな補強工事が必要になり、余分な費用がかかってしまうばかりか、家に負担をかけてしまうかの性があります。
信頼性の高い業者に相談することで、安定しているものを積極的に取り入れられます。

・高い
とにかく初期費用が高いので、費用を節約したいという人にとってもどうしたらいいのか判断に迷うことが多いのは事実です。
購入する前にある程度比較サイトを活用して事前に見積もりを取り寄せておくことと、補助金についてしっかり学んでおくことが大切です。
補助金によっては初期費用の2割程度を節約することができる可能性もありますので、購入する前に確認しましょう。

・保障がよくわからない
メーカーによって保障内容がしっかりしているところもありますが、保障内容がかなりばらついているため、導入する前にある程度確認しておくことは重要なポイントです。
10年保証がついているところもありますので、購入することによって安心できる環境かどうかを確認しておくと便利です。


Comments are closed.